〈虹の守珠〉誕生の物語

Shinjusou niji no moridama

守珠〉誕生の物語

旅立った愛犬を想う
水産科学者のアイデアから

「ペットの遺骨で真珠を作ってみませんか?」
開発者の一人であり、また自身も愛犬を亡くして間もなかった
松下教授のこんな一言から、〈虹の守珠〉は生まれました。

ランちゃん

家族の一員として、子供たちと共に育ててきたジャック・ラッセル・テリアの「ラン」。
子犬の頃は非常にやんちゃで、家じゅうの取っ手を全部かじって壊してしまったこともあったんです。
が、成長とともに、こちらの気持ちを察するような、穏やかな良い子になりました。

そんなランが悪性リンパ腫になってしまった。

可能性のある治療を求めて日本中の名医を訪ね、様々な治療を試みましたが、10歳で逝ってしまいました。

火葬して帰ってきた遺骨は、元気に走り回っていたランを思い出すのが難しいほど、
ほろほろと崩れるような脆いものでした。

日々、食事を急かされたり、トイレシーツ替えたりが「面倒だな」と思うこともあったんです。
そうしたことが、突然、何にもなくなってしまうんですよね。

仕事から帰っても、家の中が妙に静かで。そうした中に小さな骨壷がポツンと置かれている。
どこか厄介者のようにも見えたし、それがちょっと情けなかった。

見るたびに、あの必死の治療も、ランをいたずらに苦しめただけだったのではないかと悔やむ気持ちもよみがえる。
そうした中で多賀真珠 清水多賀夫さんと出会いました。

愛犬ランがくれた最高の出会い

松下吉樹さん

「ランの思い出を美しい形で残したい」。

その願いを、清水さんが〈虹の守珠〉として具現化してくださったのです。
最高の情熱と技術を持った清水さんに、ここ奈留島で、ランが引き合わせてくれたのだと思います。

僕の知識をつぎ込み、清水さんと二人三脚で何度も何度も試作を重ね、2年にわたる試行錯誤の末、ついにランの〈虹の守珠〉が完成しました。

どの一粒も、二つとして同じものはない。
それそれが違う形、違う輝きを持っています。
どれもがランの個性そのままのようで、僕にはかけがえのない宝になりました。

長崎大学大学院 水産・環境科学総合研究科
教授 松下吉樹