〈真珠葬〉スタッフよりみなさまへ

Shinjusou niji no moridama

〉スタッフよりみなさまへ

家族を失うつらさを、私たちは知っています。

悲しさだけでなく、どこにも救いのない深い後悔や罪の意識、だれにも言えない苦しさを
一人抱えて長い時間を過ごしたスタッフもいます。

ペットロスという言葉では表しきれない深い深い暗闇。

私たちは、〈真珠葬〉を通してそこに光を見つけることができました。

私たちがみなさまに伝えられること。

〈真珠葬〉を経て、やっと自分が許されたと感じた龍 陽子からのメッセージと

みなさまへ日々のご連絡を差し上げる長 彩野の想いを

綴らせていただきました。

どんな暗闇でも前に進めば、必ず出口がみつかります。

お一人で苦しまれている方に、このメッセージが届くことを願っています。

龍陽子

私は2018年に〈真珠葬〉に出会い、愛犬Didierを預けました。

大好きなDidierに出会った時からこの世での別れ、そしてDidie珠(虹の守珠)に再会するまでの長いお話しですが、私の人生を変えたDidierの話を聞いてください。

龍 陽子

虹の守珠になったDidier

Didier(ディディエ)は、ワイヤーフォックス・テリアの男の子。

2000年3月3日おひな祭りの日に生まれて、2008年12月5日、尿路結石の術後経過が悪くて、8歳9か月でこの世を去った。

Didier
Didier

私が最初に出会った「Didier」は、1997年製作のフランス映画の中だった。Didierという犬(ラブラドールレトリバー)が、ある日突然、人間に変身してサッカー選手になって活躍するというハートウォーミングコメディ。

お尻の匂いを嗅いで挨拶するDidier、猫アレルギーになるDidier、外国人扱いされるDidier、ハエを食べちゃうDidier、くるくるっと回転して丸まって寝るDidier、褒められて伸びるタイプのDidier。すべてが愛らしいDidier。

私はDidierにすっかり魅了されてしまった。

そして、いつか、犬を家族に迎える時には、絶対に名前はDidierにしようと決めたのだ。

続きを読む

 

長 彩野

大切なわが子を知らないところへ送り出す事は、とても心配なことだとお察しします。

お預かりからお届けまで、みんなをずっと見守る係りの私の〈真珠葬〉への思いを綴らせていただきました。

長 彩野

虹の守珠が生まれるまで

「虹の橋へ旅立った子が虹の守珠として帰ってくるまで」真珠葬では、最初にお電話でご連絡をいただき、お話をさせていただくところから始まります。

<お預かり>

お預かり

お骨をお預かりする為にお会いするまでの間、私はいつも「お預かりする子」がどんな子だったのか、どんなパパやママと一緒にいたのかなど、色々なことを想像します。

そしてお会いして「その子」のお写真を見せていただきながらたくさんのお話を聞かせていただくのですが、

いつも私が泣いてしまいます。

色々な場所へお出かけしたり、お薬が苦手だったり、パパの靴下が大好きだったり、

ご近所の猫ちゃんと仲良しだったり…

たくさんのお話を聞きながら、どれだけ「その子」が愛情たっぷりに育てられてきたのかを

聞かせていただくのですが、

その中にこんな方がいらっしゃいました。
若くして突然に亡くなってしまい、全く受け入れることができずに
悲しさのあまり食事を摂ることも外に出ることもできず、
人と会うこともできなくなってしまったそうです。

続きを読む