〈虹の守珠〉を作る技術★BK

〈虹の守珠〉を作る技術 パーマリンク: https://shinjusou.jp/tech/
Shinjusou niji no moridama

守珠〉を作る技術

匠の手仕事で丁寧に、先端技術で確実に。
あなたと大切な家族のためだけに作られる
オーダーメイドの真珠です。

世界的に知られる多賀真珠の匠の技に最新の科学技術を。
〈真珠葬〉では、匠の技と研究者の英智を注ぎ込み、徹底した管理と細心の気配りでお骨を守り育てます。

お預かりしてから1年~1年半、〈虹の守珠〉となってお手元に帰るまでの数々の工程には、
さまざまな配慮や特別な工夫が施されています。

〈虹守核〉の作成

〈虹守核〉の作成

通常の養殖真珠では、真珠の「核」として、貝殻を丸く削った球体をアコヤガイの中に入れます。
この核をアコヤガイが真珠層で包むことで真珠となるのです。

〈虹の守珠〉の場合、お骨を樹脂でコーティングして核にします。
この特別な核を、私たちは〈虹守核(にじもりかく)〉と呼んでいます。

核入れ

核入れ

〈虹守核〉をアコヤガイに託します。貝の体内の特定部位に入れないと真珠にならないため、高い技術を要する工程です。
とりわけ通常の球体の核とは違う〈虹守核〉の場合、さらに高度な技が求められます。

〈虹守核〉の核入れのために、特別な器具も開発されました。

養生

養生

〈虹守核〉の入ったアコヤガイは母貝と呼ばれますが、核入れ後は3週間~4週間にわたり波のない静かな海で養生させます。

この間に、母貝と核の相性が合わず、核を吐き出してしまうことが少なくありませんが、吐き出された〈虹守核〉が海の中に落ちないよう、特殊な養生ケースを採用しています。

沖出し

沖出し

3~4週間の養生後に、無事に〈虹守核〉を抱いた母貝を生育用ネットに移し、お名前プレートを付けて栄養豊富な沖合いの海へ移動させます。

沖合いでは、アコヤガイの生育状況、また温度や海水の流れなどを定期的にチェックし、適切な場所に随時移動させます。

お手入れ

お手入れ

沖で過ごす母貝には、フジツボなどの生物が付着します。餌となるプランクトンを競合する相手であり、放置すると母貝の成長を遅らせてしまうため、定期的な貝表面の掃除が欠かせません。
ひとつひとつ手作業で、綺麗にしていきます。

浜揚げ

浜揚げ

天候などの自然条件によって異なりますが、核入れから約1年を経て、母貝から〈虹の守珠〉を取り出します。

それぞれが色も形も千差万別。どの玉も虹色の輝きに包まれていますが、一つとして同じものはありません。